「カフェカブ青山が学生最後の旅」と書いたけど、「ひとり」で最後の旅をしたい。


今回の目的地はかなり悩んだ。
島根県・出雲大社(出雲そばとぜんざいが食べたい)、鳥取砂丘、ゲストハウス「たみ」に泊まるのを考えていたけど、片道500キロ。やっぱり遠くて断念。
出発の5日前に石川県・金沢に行こうと決めてホテルまで予約したけど雨予報。
雨でも走れるけど最後の旅は晴れた日に走りたいという思いが強くてあきらめた。
最終的に3日前に決めた。ホテルも学割で安く予約できた。



天気は晴れ。だけどもの凄く強い寒波がやってきて寒い!風も強い!暖パンの上に暖パンを穿き、ネックウォーマーの上にマフラーを巻いた。ずんぐり。
出発は9時。
しばらく走ってると突然ミラーが根本からぐらついてきて向きが変わってきた。
停まるにも停まれない場所で、左手で抑えながら走る。あと、少し前に右手のグローブを外してしまって素手。めっちゃ寒い。ぷちぱにっく。





停まって工具で直す。

久しぶりにハコを外してリトルカブの純正キャリアを付けた。すっきりしていいねー。



春にカレーmeeting!!をやった東海広場を通り越し、岐阜県に入って、すぐに三重県に入った。
多度大社の鳥居をくぐっていなべ市へ。
道を間違えてて東員町のイオンまで来てしまっていた。
寒さに震えながら道を確認。365と306を間違えていた。



菰野のお店で四日市名物の「とんてき」定食を食べた。
国道1号線を走る。



14時前に関宿で



非名阪を走って伊賀に入った。



向かい風で寒い。寒い。



街に向かうこのまっすぐな道が好きで。
サンガリアのとこ。
笠置まではずっとまっすぐだけど左折して国道368線を南へ。



伊賀線。





天気はいいけど、寒い。風が強い。

15時過ぎ、名張市のルートインにチェックイン。冷えすぎて自分の名前がうまく書けず。フロントの人に「手、冷たいですね!!」って言われる。。要らないものを置いていって荷物を軽くして、ダウンを着込む。(最初に着とけってね…)

青蓮寺湖沿いの県道で行こうと思ったけど土砂崩れで通行止め。前に来た時もそんな情報があったような気がしてなんとなく分かっていたが…。
ガソリンスタンドの人に聞いてみると赤目から行った方がいいかも、と。



日が暮れるー。
道幅が狭くて車一台通るのがやっとなところも。



カブの調子が良くないのかうーんうーんとうならせながら走る。
あれ、地面濡れてないか…?



雪じゃね!!?



そうです。ゆき。



寒いもんね。。そりゃ降るよね。





そう、最後の旅は曽爾村へ。

もともとこの日程でどこか行こうと思ったのもSWの記事を書いてた時にまめさんのブログを読み返していてススキ畑が見たい!と思ったからで。さすがにテント泊は無理だけど。



曽爾高原に着いた!



ススキだー!



観光客ははとんどいなく、いても帰っていく人が多い中、ひとり歩いていく。



太陽は山の向こうに行ってしまって黄金に輝くススキは見られなかった。





上まで行って冷たい風でさらさらと音を立てているのをしっかり聞きながら、しばらく見ていた。



遠かったけど、ちょっと間に合わなかったけど、寒いけどここに来てよかった。
そして最後の旅を出雲大社でもなく、兼六園でもなく、このススキ畑にしてよかった。あとカブで来てよかった。

きっとこの風景も忘れない思い出になって、歳をとってもずっと思い出していくのかな。
その時ちゃんと思い出せれるように、心に刻んでおこうと思いながら佇む。





そういえばまめさんが来たのも11月27日だった。ちょうど3年前の2012年。
3年前はカブを持っていたけどここまで来るなんて考えられなかったな。



さて帰る。



分かっていたけど街灯が無くて真っ暗。よくわからないけどここ、道。
ライトで照らされた標識が不気味に反射して光って怖い。あとたまにあるポツンとある自販機も。。
頼りになるのはカブのヘッドライトのみ…。
あれ、この文章は北海道の記事にも書いたぞ…。

国道369号線に出て(それでも真っ暗)たまに車が追い抜いて行く。


(幽霊じゃないよ)

所々に民家と街頭が少し増えてきてちょっと安心。
遠くが見えなくてほとんどハイビームで。
ぞれでもよくわからなくて何度か橋やら路肩に突っ込みそうになった。
対向車来たらローで。左指をカチカチ。

ふと見上げると星がきれいで、カブを停めてエンジンを切ってみる。
自分の手も足も見えないほど真っ暗で空の星だけが明るく光っていた。



トンネル入り口の気温計が2℃。
やっべー!!!
2℃!!!って言いながら名張市へ。
曽爾村から40辧

ひとりで泊まるビジネスホテルはなんか楽しい。旅人同士でワイワイできるゲストハウスも好きだけど。
温泉があってじっくりあったまって寝た。


次の日。
朝風呂に入ってのんびり朝ごはんを食べた。



行きと同じ道で帰るのはつまらないので名張ー伊賀ー非名阪を抜けたところの信号で左折。鈴鹿峠を走って道の駅「あいの土山」へ。今日も寒い。



あったかいお茶を飲む。




おみやげにほうじ茶を買って、307号線ー421号線で道の駅「奥永源寺 渓流の里」へ。
また東海広場を抜けてのんびり走って帰宅。


曽爾高原、来年も行きたい。

もうお腹いっぱいだ。今年はたくさん旅ができた。しばらくおやすみ。
カブには毎日乗るけど遠出はしないな。
次は4月のOCMかな、やるかな?
 

Comment
emiさんへ

こんばんは。曽爾高原への旅!楽しく拝見させていただきました。
そして、おかえりなさい!
ミラーのトラブルや道中での出来事など「うんうん、バイク乗るとアルアル。」と思いながら読んでいました。('◇')ゞ

私も、今年は長野県中川村の陣馬形山に行ってみましたよ。
山頂は、無料のキャンプ場もあります。
展望も綺麗でした。舗装林道なのでリトルさんでも安心して山頂まで行けます!(^^)!

学食制覇 課題 と毎日お忙しですね。
体調管理して元気にお過ごしください。
次回のブログ楽しみにしています。

マダオ
  • マダオ
  • 2015/12/03 23:40





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM