帰りは太平洋フェリー。
名古屋まで1,330キロ。約40時間。

フェリー乗り場に着いて乗船手続き。




書類を出して、受付のお姉さんがパソコンでカタカタと。
でもなんか時間掛かってる。
何度も確認してる。ん??


「これ、名古屋からになってるんですけど…」

えっ!!?うそっっだっ!!!




ほんまや。
2ヶ月前の私は何を考えたか、帰りのフェリーなのに名古屋から予約してしまっていたのだ…!!!ばっきゃろーー!!!
お姉さんがまたカタカタとパソコンに向かっている間、


(どうしよう、とりあえず大学はいいとして(いいのか)土曜日の朝からバイトだな…フェリーは隔日だから次のに乗っても間に合わないな…。店長、新しい人が来てるから早速怒られるなぁ。うーわー。新千歳から飛行機で帰って後日また取りに北海道来るとか…?いやいやでもなぁ。もう陸送する?いやどんだけお金掛かんねん!北海道の予算オーバー!
あ!それよりフェリー代のキャンセル料って掛かるのかな?にまんごせんえんパー??私のバイト代が!!捨て金になる!!!)


と、頭の中フル回転で考えていたけど
お姉さんが
「二等和室なら空いていますー」

「それで!!」(即決)

名古屋から予約していたのは「寝台」で「二等和室」はランク下。キャンセル料は掛からないようで差額2300円が戻ってきた。
なんとか帰れるのだ。
よかった…、よかった。ほんとに。


しばし、ぼーっとしながらもおみやげを買ってゆうパックで送る。

時間が経てば経つほど事の重大さに体の熱っぽささえ感じる。

もし今日が出航日じゃなかったら?
空きが無かったら?
名古屋発と時間が違ってたら…?
ていうかなんでちゃんと確認しなかったの…?ばかやろ!

私は会社に入ったら重大なミスを犯してクビになるような気がする。


19時。出港。




さようなら、北海道。

二等和室ってどんな部屋なのか、なんとなーく想像していたけど、雑魚寝部屋。
しかも、女性専用じゃなかった。

両隣はおじさま。
布団と布団の距離10センチくらい。

無理だろこれ、寝れない…とまた昨日のように思った。
いや、でも自分のミスでこの部屋になったから、しょうがないよね。文句言える立場じゃないよね。
隣は吠えまくる犬じゃないし、カメムシじゃないし、道の駅じゃないし、人間だもの、大丈夫!全然まし!

と思ったけどやっぱり無理で。


ふと少し先の横を見るとおばさんと目が合った。
同じ事を考えてる感じ。


さぁどうする?


つづくよ。

 

Comment
なんで、焦ると関西弁になるん?(笑)
  • タイカブ@いまい
  • 2015/05/21 08:10
〉いまいさん

心の中でツッコミすると関西弁になります。
お父さんが大阪人だからでしょうか…。

  • emi
  • 2015/05/21 12:51





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM