土曜日、三重へツーリング。


 

155号線で愛西市へ。道の駅でれんこんチップスを買って食べた。
木曽三川を越えるのにさっそく渋滞。。ヨハネス・デ・レーケを思い出しながら走りました。

 

1号線はかなり渋滞してるらしくてGooglemapsで渋滞回避ルートで菰野町へ。

採石場とか通らされました。砂っぽいぞ。。

 


 

アクアイグニスでチーズタルト。

サークルKのが好きだけどこっちも美味しかった。



 

パラミタミュージアムの展示を見ました。

日本画も良かったですが仏像の截金(きりがね)がしてあるのとか、人間国宝の方の作品もあって見ごたえがありました。
気づいたら2時間もいた。

 


 

 

 

四日市の街の方のギャラリーも行きました。

ワークショップがあって壁に貼られた画用紙に絵を描いた。

 

 

最近よく三重に行く。

岐阜もいいけど、三重もいいよね。

 

 

 

 

 

 

社会人になって華の金曜日ってやつを感じられるようになった。

学生の時から夜に走って遠くに行くのをやってみたかったけど、なかなかできなかった。。

三連休前だし秋になってバイクに乗るのがが気持ちいい季節になったので夜景を見に行ってきた。

 

仕事から帰って20時に出発。

 

 

302→155→1で四日市へ。1時間半くらい。

満殿の湯で温泉に入ってから垂坂公園へ。展望スペースまでは街灯がなくて真っ暗だけどだんだん暗さに目が慣れてくると大丈夫だった。

 

 

四日市の街を一望することができた。

 

 

次は霞ヶ浦緑地の方へ走る。炎が見える!

 

 

またひょこっと走りに行きたいですな…。

 

 

 

 

長野ツーリング2日目。

起きて、長野県信濃美術館へ。

 

 

 

東京富士美術館コレクションもモネの睡蓮があって良かったんですが

 

 

私のお目当ては別館の東山魁夷館。

実は日本画をやりたいと思うようになったのは魁夷の日本画を美術の教科書で見たことがきっかけでして(中学の時に)

ここの美術館は行ってみたいとずっと思っていたのです。

今回は魁夷がベルリンに留学した時代の絵が展示されていました。

 

 

隣にある善光寺にも行ってみた。

 

 

大きくて迫力ある。

 

 

 

おみくじ引いたら凶だった;;

結んできた。

 

 

お戒壇巡りというのも体験してきました。

お戒壇巡りとは瑠璃段下の真っ暗な回廊を巡り、中程にかかる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上にいる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場…らしいです。      

http://www.zenkoji.jp/houwapost/第4回%E3%80%80お戒壇巡り/

 

ずっと壁に右手を当てながら慎重に進んでいきました。錠前に触れたかはわからなかったー。

 

 

途中、ホンダのお店でオイル交換。店員さんにオススメの道を教えてもらって、通り道にあった池田満寿夫美術館に行きました。

 

 

だんだん曇ってきた。

もう一ヶ所、行きたかったとこがあったけど時間的に厳しくなって諦めた。。

 

 

松本市に戻ろうと思ってビーナスラインを走る。小雨が降ってきてとても寒い。

 

 

 

 

松本市のりんごの湯屋という銭湯に行って、この日もネカフェ泊。

 

 

3日目は旅人さんからのプレゼントが!

ありがとうございます〜。

 

 

帰りは19号線をスケッチしながら走る。

 

 

中津川市でちょっと寄り道。

熊谷守一の美術館。

 

 

このネコでお分かりかな?

だんだんと単純化されていく熊谷の線は生き生きとしていて無駄なものが何一つないように見えました。

 

 

 

道の駅にも行って18時くらいに家着。

 

スケッチもたくさんできてよかったです。

 

 

 

あっという間に夏も終わりに近づいていて、今年はカブでキャンプに行かなかった…‼ということに気づいた。

秋にはまた奈良の曽爾高原に行きたいなあと、ぼんやり考えている。

 

 

 

 

 

 

 

お盆休み、ツーリングに行ってきた。

 

 

 

諸事情により2時間しか寝てなくて(汗)5時出発。

 

 

順調に19号線を激走。寒くてネックウォーマーとカッパを着た。

 

松本市美術館で、山の日制定記念の「遥かなる山」展を見る。

大下藤次郎の水彩画を見られたのは良かった。

 

 

フランス人画家のジャン・ジャンセンの美術館も行く。

 

 

安曇野を走っていると思い出すのは2年前のキャンプツーリング。ひどい雨で泣きながら走って辛かったなあ…と。

でも今日はとてもいい天気。

 

 

安曇野に来たならば是非ここに行きたいところ。

安曇野いわさきちひろ美術館。

 

 

今回もカフェでごはん。

黒豆とひじきのおやきとぶどうジュース。

 

 

見終わった後は少しスケッチ。

 

 

アルプスがとてもきれいで…。

 

 

気づいたらもう夕方で陽が落ちかけていて、長野市へ走り出す。60キロくらい、夜の19号線を走った。

 

街灯がないとこもあった。

山に囲まれた道が続いてスマホの電波も悪くなりmapで自分の場所がわからなくなったけど、標識を確認しながら走ってたらいきなり都会の街に出て、なんだかタイムスリップしたかのような気分になった。

こんな山奥にも都会があるんだなあ。

 

 

 

夜ごはんはびっくりドンキー。

 

 

ポテトを食べたくて注文したけどこれ3人分くらいあるやつやった。

 

 

 

つづく。

 

 

 

 

カブで北陸に行ってきた。

 

 

出発は朝4時すぎ。霧雨が降っていた。

 

 

垂井町で給油。

 

 

霧も出ていた。

 

 

出発から3時間で敦賀に入る。

フェリー乗り場に寄る。去年のGWはここから北海道に行った!

 

 

北上していき永平寺町へ。通ろうとしていた道が自動車専用道路で少し遠回り。

 

 

朝ごはんがまだだったので参拝の前にそばを食べた。3つの味が楽しめる三味そばにした。

 

 

永平寺へ。

家族でキャンプに来る時は大抵が北陸で、何度かここにも来たことがあるけど最後に行ったのはたぶん浪人してるときだったかな。。天井画が素晴らしくてずっと見ていた。(首がつらい)

 

 

 

修行僧の方々が毎日掃除されているのでピカピカ。

 

 

 

 

 

石川県白山市へ。

中川一政記念美術館へ。薔薇の絵が良くて何度もウロウロして1時間も見ていた。

 

 

道が渋滞していたし間違えまくって10キロくらいしかないのに1時間も走って温泉へ。

 

 

夜はちょっとお高めのお寿司。すごく美味しかった!

いくらの透き通り方がこっちは全然違っていて、もうやめようと思ったのに最後の一皿もいくらを食べた。

4皿で1500円。

 

 

 

次の日も軽く雨。

金沢の向こうの、なぎさドライブウエイへ。

 

 

 

転けた。

 

 

スケッチもした。

 

 

気多大社にも行った。

 

 

帰りも砂浜で転けた。

 

 

帰りは岐阜を通って帰る。気づいたら富山に入っていた。ずっと金沢は曇っていたけどやっと晴れてきた。

 

 

五箇山和紙の看板を見つけて道の駅に行ってみる。

五箇山和紙の名刺ケースがあって、ちょうど欲しかったので買った^^

 

暑かったけど白川、郡上、美濃を通って帰った。10時間くらい乗っていたかも。

300劼らい走ったかな。

 

良い旅でした〜。

 

 

 

 

 

 


「カフェカブ青山が学生最後の旅」と書いたけど、「ひとり」で最後の旅をしたい。


今回の目的地はかなり悩んだ。
島根県・出雲大社(出雲そばとぜんざいが食べたい)、鳥取砂丘、ゲストハウス「たみ」に泊まるのを考えていたけど、片道500キロ。やっぱり遠くて断念。
出発の5日前に石川県・金沢に行こうと決めてホテルまで予約したけど雨予報。
雨でも走れるけど最後の旅は晴れた日に走りたいという思いが強くてあきらめた。
最終的に3日前に決めた。ホテルも学割で安く予約できた。



天気は晴れ。だけどもの凄く強い寒波がやってきて寒い!風も強い!暖パンの上に暖パンを穿き、ネックウォーマーの上にマフラーを巻いた。ずんぐり。
出発は9時。
しばらく走ってると突然ミラーが根本からぐらついてきて向きが変わってきた。
停まるにも停まれない場所で、左手で抑えながら走る。あと、少し前に右手のグローブを外してしまって素手。めっちゃ寒い。ぷちぱにっく。





停まって工具で直す。

久しぶりにハコを外してリトルカブの純正キャリアを付けた。すっきりしていいねー。



春にカレーmeeting!!をやった東海広場を通り越し、岐阜県に入って、すぐに三重県に入った。
多度大社の鳥居をくぐっていなべ市へ。
道を間違えてて東員町のイオンまで来てしまっていた。
寒さに震えながら道を確認。365と306を間違えていた。



菰野のお店で四日市名物の「とんてき」定食を食べた。
国道1号線を走る。



14時前に関宿で



非名阪を走って伊賀に入った。



向かい風で寒い。寒い。



街に向かうこのまっすぐな道が好きで。
サンガリアのとこ。
笠置まではずっとまっすぐだけど左折して国道368線を南へ。



伊賀線。





天気はいいけど、寒い。風が強い。

15時過ぎ、名張市のルートインにチェックイン。冷えすぎて自分の名前がうまく書けず。フロントの人に「手、冷たいですね!!」って言われる。。要らないものを置いていって荷物を軽くして、ダウンを着込む。(最初に着とけってね…)

青蓮寺湖沿いの県道で行こうと思ったけど土砂崩れで通行止め。前に来た時もそんな情報があったような気がしてなんとなく分かっていたが…。
ガソリンスタンドの人に聞いてみると赤目から行った方がいいかも、と。



日が暮れるー。
道幅が狭くて車一台通るのがやっとなところも。



カブの調子が良くないのかうーんうーんとうならせながら走る。
あれ、地面濡れてないか…?



雪じゃね!!?



そうです。ゆき。



寒いもんね。。そりゃ降るよね。





そう、最後の旅は曽爾村へ。

もともとこの日程でどこか行こうと思ったのもSWの記事を書いてた時にまめさんのブログを読み返していてススキ畑が見たい!と思ったからで。さすがにテント泊は無理だけど。



曽爾高原に着いた!



ススキだー!



観光客ははとんどいなく、いても帰っていく人が多い中、ひとり歩いていく。



太陽は山の向こうに行ってしまって黄金に輝くススキは見られなかった。





上まで行って冷たい風でさらさらと音を立てているのをしっかり聞きながら、しばらく見ていた。



遠かったけど、ちょっと間に合わなかったけど、寒いけどここに来てよかった。
そして最後の旅を出雲大社でもなく、兼六園でもなく、このススキ畑にしてよかった。あとカブで来てよかった。

きっとこの風景も忘れない思い出になって、歳をとってもずっと思い出していくのかな。
その時ちゃんと思い出せれるように、心に刻んでおこうと思いながら佇む。





そういえばまめさんが来たのも11月27日だった。ちょうど3年前の2012年。
3年前はカブを持っていたけどここまで来るなんて考えられなかったな。



さて帰る。



分かっていたけど街灯が無くて真っ暗。よくわからないけどここ、道。
ライトで照らされた標識が不気味に反射して光って怖い。あとたまにあるポツンとある自販機も。。
頼りになるのはカブのヘッドライトのみ…。
あれ、この文章は北海道の記事にも書いたぞ…。

国道369号線に出て(それでも真っ暗)たまに車が追い抜いて行く。


(幽霊じゃないよ)

所々に民家と街頭が少し増えてきてちょっと安心。
遠くが見えなくてほとんどハイビームで。
ぞれでもよくわからなくて何度か橋やら路肩に突っ込みそうになった。
対向車来たらローで。左指をカチカチ。

ふと見上げると星がきれいで、カブを停めてエンジンを切ってみる。
自分の手も足も見えないほど真っ暗で空の星だけが明るく光っていた。



トンネル入り口の気温計が2℃。
やっべー!!!
2℃!!!って言いながら名張市へ。
曽爾村から40辧

ひとりで泊まるビジネスホテルはなんか楽しい。旅人同士でワイワイできるゲストハウスも好きだけど。
温泉があってじっくりあったまって寝た。


次の日。
朝風呂に入ってのんびり朝ごはんを食べた。



行きと同じ道で帰るのはつまらないので名張ー伊賀ー非名阪を抜けたところの信号で左折。鈴鹿峠を走って道の駅「あいの土山」へ。今日も寒い。



あったかいお茶を飲む。




おみやげにほうじ茶を買って、307号線ー421号線で道の駅「奥永源寺 渓流の里」へ。
また東海広場を抜けてのんびり走って帰宅。


曽爾高原、来年も行きたい。

もうお腹いっぱいだ。今年はたくさん旅ができた。しばらくおやすみ。
カブには毎日乗るけど遠出はしないな。
次は4月のOCMかな、やるかな?
 



次の日の朝もたくさん食べた。
片付けして最後のビーナスラインを走りに行く。




そして帰る。




ひたすら19号を走って日帰り温泉へ。




去年の夏にも来たところ。
落ち着いていて檜風呂で、すごくすごく好きな温泉^^
いつか泊まりに行きたい!




道の駅でおみやげの野沢菜を買う。




危ないのでこっちに移動。




お昼は中津川の「くるまや」でそば。

食べ終わったころ、後ろのほうから聞き慣れている声がした。
なんと父と母だった。(偶然)
しかも高い方を食べてた。
…そして高速を使って帰って行った。

別れてから気付いたけど荷物を持って行ってもらえばよかった(ちょっとでも軽くして走りたい)
せめて腐りそうな野沢菜だけでも渡せばよかったなあ。

そっから2時間半走る。
名古屋に近づくにつれて暑くなってきて、風は熱風、道路の気温計は40℃!


家に着いてからエアコンが効いた部屋でジンジャエールを飲んだ。




ゲットしたもの。




ビーナスライン、リベンジツーリングおわり。
次は大きいバイクを買ったら走りに行きたい。




 



夏だ、カブだ、ツーリングだ!
という訳で前期授業のレポートを出してから
次の日、ソロキャンプへ行ってきた。

去年のツーリングでビーナスラインを走れなかったので、リベンジ。
場所は長野県諏訪市の霧ヶ峰。

いざ!




朝5時半に出発。
国道19号をひたすら走るルート。




中津川のマックで朝ごはん。




道の駅・賤母で休憩。
ここには日本画家の東山魁夷の記念館がある。前に何度か入ったことはあるので今回は入らなかった。
展示は日本画ではなく版画。(個人的には色があんまり…と思うので本物展示してほしい…)




手を洗う。気持ちいい。








国道の外れにこんなのを発見。



また手を洗う。さっきのよりも冷たくて気持ちいい。



適度に給油。
19号はガソスタがたくさんあって安心。
塩尻市に入って道の駅で休憩して、下諏訪のSEIYUに寄る。
カブのキャンプはテントを立ててから買い出しが理想だけど、霧ヶ峰は山の中。戻るのも一苦労なので仕方ないけどここで買い出し。




2リットルの水はいるじゃんね、朝のパンもいる。卵も欲しいなーあれも…。と事前にメモったものを買う。
ハコはいっぱいなので保冷バッグに肉とプリンを入れてシートとベトキャリの間に挟む。黄色い袋はベトキャリに結んで。保冷バッグの上に乗せる、と。

あとは、ニーグリップ意識!!
(普段しないから慣れない)




国道20号を曲がり、山のほうへ。
3速で上る。








天気が良くて風が涼しい!




テントを立てて、走りに行く。






リフト。









山の上が草原って今まで見たことがなくてなんだか不思議でvolvicのパッケージの写真みたいだと思った。




あっちまっくら…。
それでも走ってみる。



虹!
すぐに消えてしまった。








大粒の雨に打たれる…



キャンプ場に戻って夕飯を作る。








カルビ丼。




余ったご飯は水と粉末だし、卵を入れておじやにした。


つづく。
 

ひとりツーリングに来ています。



が、暇すぎて白樺湖を2周したよ!







制作中。
先生に「しばらく絵を裏向けといて違うことしてみたらどう?
時間が経ったら見方が変わるよ」と。

もうほぼ完成のような気もする。
でもまだ描くとこあるんじゃないかな?良くなるんじゃないか?
でもこれ以上描いても良くならないんじゃないか?

引き際が難しい。
朝から晩までずーっとアトリエに引きこもって描いてると分からなくなってくるし。

「映画でも見るといいよー」と言われたけど、高いしなぁ。

やっぱりこんな時もカブですね。
っつーわけでふらふらと。




この辺は田んぼがたくさんあって好きな景色。




夕方からのバイト前の腹ごしらえ。
木陰でもしゃもしゃ食べました。

ちょっとスケッチしてから、バイトへ。

あっついー。
締め切りまでもうちょっと、頑張ろう。



Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM